福岡カンツリー倶楽部 FUKUOKA COUNTRY CLUB

倶楽部の歴史History

福岡のゴルフコースの歴史は大保ゴルフ場に始まります。
福岡カンツリー倶楽部は、昭和26年9月、東区和白(当時粕屋郡和白村)の地に、昭和27年9ホール、翌28年に18ホールで開場いたしました(設計保田与天氏)。当時の古き良きゴルフコースを受け継ぎ、60数年に渡る歴史あるゴルフコースを皆様に楽しんでいただいております。
※コースの歴史はコースの変遷がご覧いただけます。

1973年~1982年、男子プロゴルフトーナメント「KBCオーガスタ・ゴルフ・トーナメント」が開催され、当時は宮崎のフェニックス・トーナメントとともに九州のビックトーナメントでありました。2013年より、JLPGAツアー「ほけんの窓口レディース」を開催いたしており、新世代の女子プロゴルファー達が大会を盛り上げてくれております。
※トーナメントは過去の優勝者がご覧いただけます。

コースの歴史開場〜昭和40年頃〜

1番ホール

1番ホール

1番ホール

3番ホール

3番ホール

3番ホール

6番ホール

6番ホール

6番ホール

11番ホール。

11番ホール。

11番ホール

16番ホール

16番ホール

16番ホール

17番ホール。

17番ホール。

17番ホール

令和元年(2019)
10/26~27

第4回福岡シニアオープンゴルフトーナメント
優勝者:伊澤 利光

伊澤 利光

令和元年(2019)
5/17~19

ほけんの窓口レディース
優勝者:イ・ミニョン

イ・ミニョン

平成30年(2018)
10/27~28

第3回福岡シニアオープンゴルフトーナメント
優勝者:鈴木 亨

鈴木 亨

平成30年(2018)
5/11~13

ほけんの窓口レディース
優勝者:鈴木 愛

鈴木 愛

平成29年(2017)
10/28~29

第2回福岡シニアオープンゴルフトーナメント
優勝者:三好 隆

三好 隆

平成29年(2017)
5/12~14

ほけんの窓口レディース
優勝者:鈴木 愛

鈴木 愛

平成28年(2016)
11/9~10

第1回福岡シニアオープンゴルフトーナメント
優勝者:水巻 善典

水巻 善典

平成28年(2016)
5/13~15

ほけんの窓口レディース
優勝者:申 ジエ

申 ジエ

平成27年(2015)
5/15~19

ほけんの窓口レディース
優勝者:イ ボミ

イ ボミ

平成26年(2014)
5/16~18

ほけんの窓口レディース
優勝者:イ ボミ

イ ボミ

平成25年(2013)
5/17~19

ほけんの窓口レディース
優勝者:O.サタヤ

O.サタヤ

平成24年(2012)
5/11~13

フンドーキンレディース大会(LPGA公認)
優勝者:朴 仁妃

朴 仁妃

昭和49年(1974)
~昭和57年(1982)

第2回~第10回
KBCオーガスタ・ゴルフトーナメント開催

昭和48年(1973)
8/23~26

第1回KBCオーガスタ・ゴルフトーナメント開催
優勝者:青木 功

鈴木 愛